スポンサードリンク

2009年08月14日

パワーストーンのパワー

「パワーストーン」と言うと、「水晶(クリスタル)」を思い浮かべるかもしれません。水晶は、長い年月をかけて、徐々にその美しい六角形の姿を作り上げながら成長する、生きている鉱物なのです。

また、水晶は規則正しい一定の波動をもち、時計の部品にも使用されています。クオーツ時計も、水晶振動子を利用した時計です。この振動効果によるものかはわかりませんが、水晶には、空間にある気や、人間の感情をコントロールできる働きがあると言われています。

それでは、なぜ水晶などの石には、開運や願いを叶えてくれるパワーがあると言われるのでしょうか。それは、やはり石に秘めた波動にあるようです。

空中で飛んでいる電波、私たち人間の神経回路を流れている思考、肉体を構成している物質自体も、原子レベルにおいては、一定の周波数で振動していると言われています。気の合う人や、一緒にいて居心地がいい、ということがよくあると思いますが、これも、振動の同調によるものなのです

鉱物は、ある一定の結晶の状態を保っているので、振動周波数も一定に保っています。そのため、ラジオのように、外側から入ってくる、一定の周波数と同調しやすいのだそうです。短波ラジオには、実際に、同調装置に水晶が用いられています。

このことから、鉱物は、アンテナと同様の役割を果たしており、「思考」や「意識」の波動を、受信したり送信したりしていると言えます。そして、「願いが叶う」というのは、鉱物によって、願いを込めた意識の波動を増幅させ、外側の世界へ解き放っているのです。

古くから、水晶は、生命力を高めるパワーをもつ神聖な鉱物とされてきました。すでに古代人は、このような鉱物の作用に気づいていたのかもしれません。


posted by パワーストーン at 19:08 | TrackBack(0) | パワーストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

パワーストーンの効果

人は、落ち込んだり、苦しんだり、何かしら悩みを抱えていると思います。人というのは、不安な気持ちを常に抱えながら、生きているものなのです。

多くの人が、占いなどを信じたり好んだりすることは、決しておかしいことではありません。

現在では、自然と触れ合う機会が少なくなっています。そんな時代だからこそ、「パワーストーン」に力を借りる人が多いのかもしれません。


最近、私たちの周りでは、「癒しブーム」が広がっています。自然の香りを楽しむアロマセラピーや、ろうそくを灯したり、植物を育てたりすることで、癒し効果を得る方法など、さまざまなものがあります。

宝石も、花と同じように、人工的なものではなく、全て地球が生んだ天然の産物なのです。

花は愛情を込めて育てれば、元気に成長してくれるように、石とのコミュニケーションも難しいことではないのです。自分の選んだパワーストーンは、粗末に扱わずに、愛着を持って大切に扱うことが大切です。

たとえば、宝石箱にしまう時には、ハンカチなどできれいに汚れを拭き取ってあげましょう。ちょっとした気遣いによって、人と石との波長が合い、石の力が高まります。


実際に、宝石に秘められたオーラは、研究によって立証されています。パワーストーンを持っている人の中には、仕事がうまくいった人、病気が改善した人、恋愛を成功させた人などがたくさんいます。

石との親密なコミュニケーションをとることで、本来の自分の姿を見直すことができるでしょう。
posted by パワーストーン at 10:50 | TrackBack(0) | パワーストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パワーストーンの歴史

昔から、多くの民族において、宝石や稀石には、特別なパワーがあると信じられてきました。

西洋では、「紫水晶」には、毒や魔術を防いでくれる力があると信じられてきました。また、アステカ文明やマヤ文明では、呪術の道具として「ヒスイ」を使用してきました。


このような宝石のパワーに関しての考えが、1980年代初め、アメリカで起こった「ニューエイジ運動」に取り入れられて、石のもつヒーリング効果についての解釈がなされるようになりました。

この時に、ヒーリングのパワーが特に大きいと注目されていたのが「水晶」で、その効果が解き明かされるようになり、「クリスタルパワー」という言葉を耳にするようになりました。

このことが、1980年代後期?90年代前期に、占星術者によって日本に紹介されると、日本でも“パワーストーンブーム”が起こって、宝石類が割安な価格で売ることができるようになりました。

その後、そのブームは下降気味になりましたが、2000年頃から、「石の浄化」について注目され、パワーストーンブームの波が再び訪れています。


パワーストーンの代表と言えば、「クリスタル」です。クリスタルは、「石英」とも呼ばれることがあり、一般的に「水晶」のことを言います。

二酸化ケイ素の結晶によってできた鉱物で、美しい六角柱の形の自形結晶を形成することが多いです。

大きな結晶の石英のことを、水晶やクリスタルと呼ばれ、昔は「玻璃(はり)」と言われ、貴重なものとされていました。
posted by パワーストーン at 10:48 | TrackBack(0) | パワーストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。